News & Topics

必見!医療保険を加入する前に確認すること!-高額療養費制度-

豊かな人生をあなたと一緒に考えるお金の専門家、ファイナンシャルプランナーの倉重です。

突然ですが、皆さんは入院したらいくらぐらいお金がかかるか?ご存じですか?
まずは、自分が入院したらいくらお金がかかるのかを把握しておくことが重要です!

今回は医療保険を加入する前に確認しておくことについてお話いたします。



日本の公的医療保険制度は手厚い!

私たちが加入している「健康保険」は医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が戻ってくる制度があります。

それが高額療養費制度です。



医療費が高額になりピンチになった時に守ってくれる!
高額療養費制度!

ここで抑えておきたいポイントは、高額療養費制度の自己負担限度額は、年齢および所得状況等によって設定されているということです。

倉重さんブログ表.jpg











※上記は健康保険についての限度額を記載しています。
国民健康保険につきましては、旧ただし書きに応じた限度額となります。
70歳未満の場合



例えば・・・
1ヶ月(暦月)に医療費の総額が100万円かかった場合、自分が支払う一部負担金は3割のため自己負担は 30万円 になります。

ここから高額療養費制度を受けると・・・
80,100円+(1,000,000円-267,000円)×1%=87,430円
自己負担は 87,430円 になります。


すごいですよね!

医療費が100万円かかっても、最終的には高額療養費制度で自己負担額は
87,430円 になってしまうのです!



さらに自己負担が激減!付加給付制度!

「公務員」の方や「大企業」でお勤めの方の場合、さらに医療費の自己負担額が軽減される付加給付という制度がある場合があります。


例えば、おかねの相談室のある宇都宮市の職員(公務員)の方の場合、付加給付として「一部負担金の払い戻し」という制度があります。

詳しくはこちらをご覧ください。

例えば・・・
1ヶ月(暦月)に医療費の総額が100万円かかった場合、自分が支払う一部負担金は3割のため自己負担は30万円になります。

ここから高額療養費制度を受けると・・・
80,100円+(1,000,000円-267,000円)×1%=87,430円

さらに一部負担金の払い戻しとして
87,430円-25,000円=62,400円(百円未満切り捨て)が戻ってきます。

よって、最終的な自己負担額は・・・
87,430円(高額療養費制度での自己負担額)-62,400円(一部負担金の払い戻し)
25,030円になります。
(※給料月額424,000円の場合)

この付加給付という制度は各健康保険組合によって異なりますので、ご自身がお勤めの職場の福利厚生を確認してみましょう!


ここまで医療費の自己負担額について書いてきましたが、医療費があまり掛からない方は手厚い医療保険に加入しなくてもいいと思います。是非、医療保険に加入する前に一度ご自身の医療費の自己負担について確認してみて下さい!




ただし、医療費以外の自己負担もあるのでご注意を!

公的医療制度外の自己負担について

入院時の食事代:1食につき260円、これを超える金額は健康保険等から支払われる。
差額ベッド代:公的医療保険で決められた室料との差額。
健康保険対象外の特殊な治療費:先進医療の技術料や治験にかかる治療費など。
雑費:入院期間中の衣類・タオル・洗面用具などの日用品、家族の交通費などが掛かります。


例えば・・・
がん治療で先進医療である陽子線治療を受けると技術料は約2,635,000円かかります。この金額をご自身の貯蓄で補うのは大変ですよね!

でも医療保険に先進医療特約を付けると、この技術料の約2,635,000円を全額保険で補えます。

先進医療特約の保険料は月々約100~200円くらいなので、医療保険に加入する際はこの特約を付けることをお勧めします。


【最後に】

医療保険は各生命保険会社がたくさんの種類の保険を発売しているため、どの会社の、どの医療保険に加入したらいいか分からないという方が非常に多いのが現状です。

そんな時は、おかねの相談室にご相談下さい!


私たちファイナンシャルプランナーがあなたにピッタリ合った医療保険選びのお手伝いをさせていただきます。


●あなたにとって最適なマネープランをご提案します!
倉重 義孝

ファイナンシャルプランナー

倉重 義孝(くらしげ よしたか)

クライアントのお金に関する悩みや心配事を解決するために、一人一人の想いを共有して環境や状況に合った解決方法を一緒に考えていきます。相談者の目標を実現し、豊かな人生を送れるようにアドバイスをしています。

ファイナンシャルプランナー紹介はこちら

関連記事一覧

すべての記事一覧(マネーノウハウ)