News & Topics

がん保険に付いている充実の相談サービス!

豊かな人生をあなたと一緒に考えるお金の専門家、ファイナンシャルプランナーの倉重です。

突然ですが、みなさん自分ががんと診断されたらどうですか?

精神的なショックはかなり大きいと思います。そんな時は家族や知人に不安や心配事の相談をするでしょう。ただ、家族や知人だけでなく医師やカウンセラーなどの専門家に相談したいと思う方は多いのではないでしょうか?
ドクターとハート150pix.jpg
今のがん保険は、がんと診断された本人の不安や心配事を相談できるサービスが充実してきています。


今回は、そのサービスについてお話をしていきます。




相談サービスの種類

メンタルケアサービス

がんと診断されて精神的なショックを受けたとき、専門のカウンセラーに面談や電話で相談できるサービスがあります。家族や知人に相談するのも良いですが、メンタルケアの専門カウンセラーに相談できたら心強いと思います。



セカンドオピニオンサービス

もちろん主治医と相談して治療方法を決めると思いますが、治療方法にもいろいろあります。よくある治療方法は3大治療と言われ『外科手術』『放射線治療』『抗がん剤治療』があります。主治医が決めた治療方法が、本当に自分に合っているか確認するのは難しいと思います。そんな時も相談できる先があると良いと思います。


最近聞くようになったセカンドオピニオンサービスがそんな時の相談先です。
セカンドオピニオンとは、【第2の意見】と言われ、初めに診察を受けた主治医以外の医師から話を聞けることです。
主治医と同じ考えの時は安心して治療に専念できると思いますし、他に治療方法がある時は自分に合った治療が選べると思います。


最近では、1人の医師が治療方法を決めるのではなく、各専門分野の医師が複数で治療方法を検討する『チーム医療』と言われている方法で患者さんに対応している病院がありますが、どこの病院でも対応しているとは限りませんので、相談先は備えておいた方が良いと思います。

ただ、自分に合った治療を受けるのに、とても高額な治療費がかかるとしたらどうでしょう?



公的医療制度が利かない先進医療

最新のがん治療の中に重粒子線治療、陽子線治療などがあります。
この治療方法は、新しい医療技術で治療の効果が高く、体に負担を掛けずに治療ができます。

重粒子線・陽子線治療は正常な細胞には放射線をなるべく浴びないようにする技術があるので放射線治療によって起こる副作用が格段に少なく、がん細胞だけに照射して死滅させる治療方法になります。

この治療は先進医療と言われ、公的医療制度が利かないため治療費が全額自己負担になります。


重粒子線治療は約314万円、陽子線治療は約264万円掛かります。

ご自身の預貯金で負担するには大変な金額だと思います。
この治療費の備えとしてがん保険などに先進医療特約を付加する方法があります。保険料の支払いは月々100円~200円くらいですので、預貯金を減らすよりお勧めです。




【最後に】

最新技術の治療を選ぶときは大きなお金が必要になります。

・がんになった時に精神的な支えや治療方法を決めるときは、家族や知人以外にも多くの方がいた方が良いと思います。



がん保険は特約やサービスの種類が多いので、しっかり良い商品を選びたい方は、私たちおかねの相談室のファイナンシャルプランナーに相談してください。

あなたの考えに合った商品を一緒に考えていきます。



●あなたにとって最適なマネープランをご提案します!
倉重 義孝

ファイナンシャルプランナー

倉重 義孝(くらしげ よしたか)

クライアントのお金に関する悩みや心配事を解決するために、一人一人の想いを共有して環境や状況に合った解決方法を一緒に考えていきます。相談者の目標を実現し、豊かな人生を送れるようにアドバイスをしています。

ファイナンシャルプランナー紹介はこちら

関連記事一覧

すべての記事一覧(マネーノウハウ)