News & Topics

わかってますか?加入しているがん保険の保障内容

家計のお悩み マルっと相談マルっと解決!!
ファイナンシャルプランナーの関です。


先日、保険についての相談を受けた際にがん保険の話になりまして「だいぶ前からがん保険に入ってます。保険料が安いからずっと継続してますが、このままの内容でも大丈夫ですか?」ということでしたので調べてみました。

結果、今の治療法だと支払われるであろう給付金がとても少ない内容でした。

今回もがん関連のことについてお話したいと思います。




数十年前のがん保険

・保障内容はこんな感じ
入院給付 15,000円/日   無制限
在宅療養給付金 20万円   ※がんで死亡したら


というわけで、がんによる死亡保険金と入院給付金に重点をおいた保険ですね。
また、上皮内がんと先進医療に対する保障はありませんでした。


メリットは入院無制限ということと死亡保険金があるということですね。
デメリットは入院しないと通院だけでは、治療するための給付金が受け取れないということです。


昔は、がんの死亡率も高かったですし、長期入院も多かった、そんな背景に合わせたがん保険です。




現在のがん治療

現在ではがんに対する研究も進んで治療法も進歩しています。
がん検査も普及してきて手軽に受けられるので、早期のがんも発見できるようになってきました。
現在の治療法は大きく分けると手術・放射線治療・抗がん剤治療の3つに分けられます。

入院日数は減少傾向にあり、放射線治療・抗がん剤治療の為、通院日数が上昇しています。
重粒子線・陽子線治療などの先進医療の存在も認知されてきていますね。




がん保険も進歩

そんな進歩したがん治療に合わせてがん保険も変化しています。
注目していただきたい保障は、診断給付金・通院給付金・先進医療です。

診断給付金

がんと診断されたら一時金が支払われる保障です。
入院にして通院にしても、がんの治療は長期戦・高額治療費になる場合があります。そんな時、費用の面から治療をあきらめず、安心して治療に取り組める様に、先にまとまったお金が受け取れる保障です。またこの診断給付金が複数回給付されるがん保険もあります。

通院給付金

がんの治療を目的とした通院に対して、日額×通院日数分給付されます。通院治療が増えている昨今注目されています。

先進医療

先進医療の技術料は通常全額自己負担となりますが、その負担した分、全額給付されます。




保障内容を把握することが大切です

というわけで、がん保険に入っているといって安心しないでください。まずはどんな保障内容か見直して把握してください。

「入りなおすとどうせ高いから」とか「めんどうくさいから」というのはNGです。
そしていざ必要な時にいくら出るのか、を知っておくことが大切です。

ただでさえがんと診断されて気が落ち込んでいるところでさらにがっかりしたくはないですよね。




気を付けて!落とし穴

単に保険を乗り換えようということではありません。少ないとはいえ100日を超えるような長期入院だってありえますから。

見直してみて、もし今のがん保険じゃ物足りないというのであれば、特約を付け足すとかプランを変更するとか、他の保険でカバーできているのであれば問題はありませんし、そもそも預貯金が十分にあるのだとするならば必要ないかもしれません。

自分にどんな保険があっているのか。また今どんな保険に入っているかよく分からないときは私たちおかねの相談室のファイナンシャルプランナーに相談してください。


あなたに合ったベストプランを一緒に探しましょう!

関連記事一覧

すべての記事一覧(マネーノウハウ)