News & Topics

妊娠・出産に備える医療保険は〇〇がベスト!

皆さんの人生を豊かにするお手伝いをしています。
おかねの相談室 ファイナンシャルプランナーの氏家です。


我が家には4人の子どもがいますが、子どもが生まれてくるまでにいろいろ気になることや心配なことがありました。
例えば、名前は何がいいかな?無事に生まれてきてくれるだろうか?お金はいくら必要なんだろう?何かあったらどうしよう、など。

特にお金に関しては仕事柄気になりましたので、いろいろ調べました。そういえば市役所の担当者や病院の事務の方に質問したりもしましたね(笑)。


そこで今回は、妊娠・出産にかかる費用についてお話します。
出産にかかる費用っていくらか知ってますか?特にこれから出産を予定している方にとっては想像もつかないという人も多いのではないでしょうか。
また、妊娠・出産はリスクも伴うため、医療保険の加入や見直しの相談が多くなるタイミングでもあります。




妊娠・出産に「かかるお金」と「もらえるお金」

妊娠健診費用の助成

出産に至るまでの妊娠期間中に欠かせないのが「妊娠健診」
妊娠健診は健康保険がきかず自己負担となるため、1回4,000~5,000円(特別な検査を受ける場合には1万円程度)かかります。
そこで、負担軽減のため自治体ごとに費用の一部を補助してくれる制度があります。
宇都宮市



出産手当金と育児休業給付金

出産しても仕事を続けるママは、「出産手当金」や「育児休業給付金」が受給できます。
出産手当金(協会けんぽ)

育児休業給付金 Q&A (厚生労働省ホームページ)



出産育児一時金

出産費用は大きな出費です。平均的には40万~50万円ほどと見られています。

「出産育児一時金」
妊娠4ヶ月(85日)以上で出産した場合、1児につき42万円が支給されます。(産科医療補償制度加入期間の場合)
なお、この費用を病院に直接支払う制度もあります。我が家の場合、赤ちゃんが生まれてからでは手続きも大変だと思い、この制度を利用しました。
事前に申請しておけば、まとまった費用を準備しておく必要もないので便利です。




妊娠・出産に備える医療保険の考え方

「妊娠中でも医療保険に加入できるか?」「妊娠したことで保障内容を確認したい」など問い合わせをいただくことがあります。



妊娠後に医療保険を検討する場合

妊娠・出産に伴い医療保険を使用するケースで多いのは、通常分娩ができず帝王切開を行う場合です。
帝王切開の場合、健康保険を使えますが、自然分娩で出産するときに比べてやはり費用はかかるといわれています。

保険会社によっても異なりますが、基本的に「子宮部位に関わる疾患の不担保」「出産に関わる疾患の不担保」という部位不担保※がついてしまいます。
また、妊娠27週(妊娠7ヶ月)以降には医療保険に加入できないことがほどんどですが、保険会社によっては、妊娠27週を過ぎても医療保険に加入することができるところもありますので、気になる方は一度ご相談ください。

※部位不担保・・・「特定の体の部分または指定の疾病については保障外」となること



妊娠前がベスト

妊娠しても妊娠27週目までは民間の医療保険に妊婦さんが加入することができます。また、その後であっても保険加入が可能である保険会社はあります。
しかし、妊娠発覚後に医療保険に加入すると帝王切開、切迫早産など妊娠、出産のトラブルのほとんどを占める内容に対して保障がつかない可能性があります。
妊娠発覚後に保険加入することができても、これらの保障がないのであれば、わざわざ加入するメリットは少ないと思います。


妊娠・出産を考えた医療保険に加入するのであれば、妊娠する前がベストです。




まとめ

妊娠・出産のお金については、現在個人の負担は軽減される傾向にあります。
そのなかで、妊娠・出産に対するリスクを理解し、医療保険や出産に対する費用などの環境を整えてから妊娠した方が、お金の面でも合理的ではないでしょうか。


最後に少し私の話をしますと、私は4人の子どもの出産時にすべて立ち会えました。いろいろな状況の中で考えると、これはとても幸運だったと思っています。ちなみに3番目の長女の時は連絡を受け、仕事の合間に抜け出して病院に向かい、分娩室のドアを開けたと同時に産声を上げました。私はギリギリ立ち会えたと思っていますが、妻曰くアウトだそうです(笑)。

関連記事一覧

すべての記事一覧(マネーノウハウ)