お客様本位の業務運営方針

当社は「ファイナンシャルプランニングを通じて関わるすべての人に自分らしく豊かな人生を送っていただく」というビジョンのもとに、お客様および社会との永続的な信頼関係構築に努めるため、お客様本位の業務運営方針を以下の通り宣言します。

また、当該方針に係る取組状況を定期的に公表し、より良い業務運営を実現するため、定期的に見直しを行って参ります。

方針① 自社の利益よりお客様の利益を最優先します

目先の自社の利益獲得を優先するよりもお客様の利益を最優先することが持続的な事業の発展につながると考えています。

そのため、お客様のニーズを的確に把握しお客様の利益につながる適切な情報提供を行います。

方針② お客様の様々なニーズにお応えできる体制を構築します

人生の様々なステージで重要になってくる「お金」のこと。

私たちは、お客様のライフプランを踏まえ、保険・資産運用・住宅・教育・年金・相続などお客様の身の回りの様々なお金に対しての課題にワンストップでご相談いただける体制の構築に努めて参ります。

方針③ お客様本位のコンサルティングを実践します

お客様本位のコンサルティングを実践するために、お客様の意向を正確に把握し、ライフプランを踏まえた目標資産額や安全資産と投資性資産の適切な割合を検討し、それに基づき、具体的な金融商品・サービスの提案を行います。

それに伴い、複雑又はリスクの高い金融商品の販売・推奨等を行う場合は、お客様の知識や投資経験、財産状況、投資目的などの適合性の確認を徹底し、重要な情報を分かりやすく、もれなく伝えられる体制整備を行っていきます。

重要情報シート(金融事業者編)はこちら

方針④ 長期的なプランをサポートできる体制を構築します

お客様を長期的にサポートするために、個ではなく組織的な体制の構築と定期的なアフターフォロー体制の構築、お客様データ管理の徹底を図ってまいります。

方針⑤ お客様にご負担いただく費用の透明性・効率性の向上に努めます

お客様が負担する手数料その他費用の詳細を、どのようなサービスの対価に関するものかを含め、お客様が理解できるよう情報提供いたします。

金融商品仲介業に関しては手数料を販売時に頂かず、お客様の資産残高に応じて一定額の対価をいただく体系にシフトし、「利益相反」を起こす可能性を最大限に軽減する透明性の高い仕組みにしております。

方針⑥ お客様のニーズに最適にお応えできる人材育成と人事制度を構築します

多様化・高度化するお客様のニーズに最善の状態でお応え出来るように継続的な研修・研鑽を重ね、高度な知識習得を推進して参ります。

また、自身の成績のためにお客様に不利益な提案が行われないよう、人事制度の面からもお客様本位の業務運営を確保する体制を補強します。

方針⑦ お客様本位の業務運営に向けた社内体制を構築します

本方針の実践・定着状況を検証するためのモニタリング、検証結果を踏まえた改善方針の立案、改善方針を踏まえたより優れた取り組みを行える体制の整備に努めて参ります。

また、永続的な信頼関係構築のため、事業活動のあらゆる場面でコンプライアンスを徹底し、高い倫理観に基づき行動する組織を構築します。

※「お客様本位の業務運営方針」の取組状況(成果指標)に関しましては「News&Topics」で公表させていただいております。
2021年3月末時点取組状況はこちら

〈金融庁「顧客本位の業務運営に関する原則」と「お客様本位の業務運営方針」の関係について〉

当社は金融庁「顧客本位の業務運営に関する原則」(以下、原則)を採択し、「お客様本位の業務運営方針」(以下、当社方針)を当社ホームパージにて公表しております。
原則と当社方針との関係は以下の通りです。
原則の詳細につきましては、金融庁ホームページにてご確認ください。

〈金融庁「顧客本位の業務運営に関する原則」と「お客様本位の業務運営方針」の関係について〉